よりみち。~うちと写真と詩とあたし~

<< 2007/01 >>
sun mon tue wed thu fry sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



プロフィール

fumika.k

Author:fumika.k
さんぽのお供:
カメラ、ちゃりんこ

カメピSNS

mixi

foto galleryはこちらから

リンクフリーです。



Mail

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

カテゴリー
最近のコメント
拍手返事
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム
RSSフィード
ブログ内検索
designed by chihiro / powered by fc2 blog


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





信じてほしいなら

信じろ!

受け身だけじゃ

何も生まれない。

だから信じろ!
スポンサーサイト
短めの詩 | comments(0) | trackback(0) | 2007.01.31 23:51 |




現代モダン






青く透き通った空
まぶしく輝く太陽
うた声のする先
白いカーテンがゆれている

忙(せわ)しく歩く人々が
おもわず足をとめる
ピアノの音色とともに
はずむうた声

あわただしい世界で
ゆっくり流れる 優しいうた


深い海のような空色
照る太陽のような朱(あか)色
うた声のする先
白いカーテンが波を打つ

ものさびしい世界で
やっとみつけた 優しいうた
長めの詩 | comments(0) | trackback(0) | 2007.01.30 23:50 |




我が故郷






神さま。
あの子が戻ってくる間
あの子を



あの子のために祈ります



       朝はやさしい朝焼けで起こしてあげて。







あの子のために祈ります2



        昼はあたたかい日差しで照らしてあげて。







あの子のために祈ります3



        夕はもえるような夕焼けで包んであげて。







あの子のために祈ります4



       夜はやわらかい月明かりで癒してあげて。







あの子は寂しがり屋だから。

短めの詩 | comments(0) | trackback(0) | 2007.01.29 23:49 |




主を失くした家






君の不安解消法

大きく息を吸って


高く背伸びして


さぁ見上げて深呼吸




短めの詩 | comments(0) | trackback(0) | 2007.01.28 23:48 |




君に想いを馳せる空の下






もどかしいこの想い


誰に伝えようか?


誰に教えようか?


今日もひとりで悩みます
恋愛の詩 | comments(0) | trackback(0) | 2007.01.27 23:47 |




a Lost Child






詩を書く
唄をうたう
お昼ねする


絵を描く
ピアノを弾く
おさんぽする


まだまだいっぱいあるけど
みんな私の好きなこと


みんな私の幸せです
短めの詩 | comments(0) | trackback(0) | 2007.01.26 23:46 |




隠れ家に続く道






夢と夢がぶつかりあう。


そんな嬉しい悩みも持ってみたい。

闘争

短めの詩 | comments(0) | trackback(0) | 2007.01.25 23:46 |




a Shop of Old standing






もし叶うなら
もし叶えるなら
この夢を大切にしよう

叶えるため
努力をしたら その分だけ
叶えたときの
嬉しさは増すだろう
短めの詩 | comments(0) | trackback(0) | 2007.01.24 23:45 |





電話がかかってきた。


君がいなくなったって。


新しい生活に慣れなくて
逃げだしたって。


どこにいるの?


もしこの町に戻ってきてるなら
前と同じ、あのボロアパートで待つよ。


もしまた会えたなら
僕らの友人の冥福を祈ろう。


そしたらまた、僕のひざで甘えなよ。
短めの詩 | comments(0) | trackback(0) | 2007.01.24 23:44 |




君のさんぽみち






えほん嬉しさも悲しみも


物語にしてみた。


読み返しては


一喜一憂してみた。
短めの詩 | comments(0) | trackback(0) | 2007.01.23 23:43 |




雨上がり、迎えた夕方






“あの頃” うちは何を感じた?

“あの時” うちは何を思った?

  それもまた一つの思い出
短めの詩 | comments(0) | trackback(0) | 2007.01.22 23:43 |




閉店時刻






“笑った顔を撮って”

君のたった一つのわがまま
君の最初で最後のわがまま

僕の机の上で
セピア色の中で
君はいつも笑ってるよ
君はいつも輝いているよ

これからも永遠に・・・
恋愛の詩 | comments(0) | trackback(0) | 2007.01.21 23:42 |




蒼から朱へ染まる瞬間






「ボクのこと好き?」

「ん―愛してる。」

幸せな会話

恋愛の詩 | comments(0) | trackback(0) | 2007.01.20 23:41 |




旅始め






「少しずつがんばれ」

「できることから」

そうやって見守ってくれる人がほしい
短めの詩 | comments(0) | trackback(0) | 2007.01.19 23:41 |




時間移動







ありがとう

            ごめんね

   さようなら
 
   
      愛してる



おたより


想いをありのまま伝えよう

短めの詩 | comments(0) | trackback(0) | 2007.01.18 23:40 |




涙空






Dear chiko and kuko

漆黒の目がきれいだった
目が離せなくて
足が動かなくて
君たちに魅かれたんだ

みんなから嫌われる姿でも
僕は君たちが好きだよ
そのさびし気な眼差しも
夜みたいな姿も

でも、いなくなった
僕の前から姿を消した

嫌いになったの?

ある日、Chikoの死の知らせ
またある日、Kukoの失踪の知らせ

僕 知ってる

愛した人に 死ぬ姿は見せないって

声をあげて泣いた
子供のように泣き喚いた
悲しみも不安も 涙になって
あふれ、こぼれ落ちた

君たちの優しさは
ずっとずっと忘れないよ
ずっとずっと大好きだよ

From Fumika
長めの詩 | comments(0) | trackback(0) | 2007.01.17 23:39 |



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。